投資は私たちの生活を良くする!

投資は私たちの生活を良くします。ただ、儲けのことしか考えてない人には、投資はリスクがあるから、目先の売り買いの上がった下がったで終わってしまうでしょう。
会社を育てる意味でも、投資家からの投資は、非常に大切なものです。
今、だんだん女性の投資家が増えつつあることはいいことです。
みんな、いっぱい勉強している様子。
セミナーなんかでも、積極的に参加しているみたいです。
もし、剰余金があるなら、銀行に預けるだけではなく、投資に回すのも手です。
自分の代わりにお金に働いてもらうということです。
みんなは旅行によく行きたがります。
投資は会社で運用される貴重な財源であるから、お金が人間の代わりに生かされて、どこかで間違いなく役に立っている、と思えば、旅行に行ったのと同じか、それ以上の満足感が得られますよ。

アメリカでも、ニューヨークのウォール街が、都会的で、なぜあんなに活気があり、人が集まるのか?と言えば、投資の町だからです。
投資をやってなかったら、マンハッタンも、高層ビルもないんですよ。

みんながあこがれるほとんどの会社は、投資なくしては絶対に有り得ないんです。
だから、もっと、しっかり勉強して、日本は経済やテクノロジーにおいて、先をいける国なのでみんなで日本やアジアを盛り上げていきたいものです。

Continue Reading

投資信託から生じる収益

ところで、どれぐらい収益って上がるのかな?と疑問になりますよね。
本当のところ、投資信託商品を運用するとどれぐらいの収益が出るのでしょうね。
「収益って?」って言われる方のために収益の説明をしておきます。収益というものには、種類があって、主に3種類あると言われているんですよ。
それは、分配金、解約差益・償還差益、譲渡益の3種類なんです。
では、分かりやすく3種類のそれぞれについて、説明しますね。
◆分配金って、何?
よく株式の配当なんかでも、聞きますよね。分配金というのは、投資信託の種類もいろいろあるんですが、その商品の中でも、株式や債券等に投資し、運用したことに関連したものなのです。その運用で得た収益等をあなたのような投資をした方の保有口数に応じて、あなたが商品を信託している期間中に分配される収益金のことなのです。
まあ、運用で儲かった金銭ということですかね。簡単に言うと・・・
そして、あなたが購入した商品の運用方針というのがあるのですが・・・それに従って、年に1回とか2回ぐらい分配されるタイプや、毎月分配型等のタイプ等があります。あなたは、どのタイプを購入しましたか?毎月分配型のタイプでは、毎月決まった日に分配金が出るので、例えば年配の方などは年金の代わり等として利用されることも多いようですよ。
でも、「今月入っていない!」とあわてないでくださいね。分配金となる収益が得られない場合には、分配金が支払われないことがありますので、その点はしっかりと確認しておいてください。
◆解約差益・償還差益って、聞き慣れないな!
少し言葉が難しいですよね。解約差益・償還差益というのは、投資信託の商品が満期償還した時やあなたのような投資者が中途で解約しますといった時に、生じる元本との間の差益です。例えば、償還差益で言いますとある商品をあなかが、初めの契約の時点で1口98円で買ったとしますね。そして、解約した時に、額面価額が100円になっていたとします。その場合、取得価額を差し引いた2円が償還差益となって、あなたの収益になるのです。
◆譲渡益って!
「誰かに、譲った時のお金に関係してるのかな?」 ちょっと違いますね。
譲渡益というのは、受益証券をあなたのような投資者が、中途で売却した場合に生じる収益のことなのです。以前、よく勧誘があったので、特定口座で税金の優遇措置を受けるようにしている方は多いと思います。あまり理解せずに、解約すると譲渡に関する税金がかかったりしますので、その操作をしてくれる特定口座を間違えて解約しないようにしましょう。
少しずつ、収益金についても書類を見直して、言葉と意味を確認してみて下さいね。
円安になってきたし、「お金の価値はどうなるんだろう?先々不安だな!」という方は、投資信託の経験は、ありますか?NISAが昨年度提案され、導入されてから何かと話題になっている金融商品のことです。株と同じでリスクがあるんじゃないの?と思われている方も多いかもしれませんが、プロが運用しますから、その点が魅力なのです。

Continue Reading

日中の株価チェックに注意

 プロの投資家である年金や投資信託の運用担当者であっても、株価のチェックを一日中しているわけではないといわれています。投資対象とする銘柄やそれにどれだけの金額を投資するのかなどを決めたら、後は発注するだけでその後一日中その銘柄の監視をつづけるなどということはないようです。むしろ年金や投資信託の運用担当者は、投資対象とする銘柄の調査や分析などに時間をかけたりすることのほうが多いようです。
 プロの投資家でもそうなのですから、一般の投資家の方は日中の株価の変動についてはあまり一喜一憂しても仕方がありません。一日に一回株価のチェックをすればそれで十分といえるでしょう。投資信託はおすすめのものを買うべきでしょう。
 さらに一般の投資家の方であれば、本来の仕事を別に持っているのが普通であろうと思われます。日中の株価のチェックを何度も繰り返していると、そのうちに仕事の最中であっても気になって気になって仕方がない、ということになります。トイレと称してこっそり株価のチェックをするようになると危険な兆候です。生活にゆとりや潤いを持つことが本来の株式投資の目的だったはずです。仕事が「主」で投資は「従」だったはずのものが、投資の結果が気になって本業に支障をきたしたのでは意味がありません。投資が原因で仕事がおろそかになったり、周りからの信頼を失ってしまったらもうどうにもなりません。
 くれぐれも本来の仕事に支障をきたさないような投資方法を習慣にするよう、強く心がけるようにしていただきたいと思います。

Continue Reading

投資の期間は

投資の期間については、どのように考えるのが良いでしょうか?投資の期間についえは、いろいろな考え方があってよいだろうと思います。投資の期間ついては一人ひとりで考えが異なってくるでしょう。各自の投資の目的が異なっていますので、それに伴って投資期間についても考えが異なってきます。「毎月のこずかいとして利益を得たいので株式投資を行う」のか、「数年以内に家のリフォームをしたいのでそのときの資金の足しにしたいので株式投資を行う」のか、あるいは「定年退職後の老後資金の足しにしたいので株式投資を行う」のかなど、その目的が違えばそれに伴って投資期間も異なってくることになります。
 また投資家の生活スタイルや性格などによっても異なってきます。「じっくりと長期保有により利益を出すことを目指す」投資家と、「デイトレードなど一時的な値動きによって利益をだすことを目指す」投資家ではやはりことなってきます。また毎日どのぐらいの時間を株式投資に費やすことができるかについてもそれぞれの投資家によって異なります。パソコンのモニターをチェックして短期的な値動きで利益を出そうとするデイトレードなどについては、忙しいサラリーマンなどには現実的ではありません。
 しかしなによりも重要なのは、自分の得意とする手法に基づいた期間で投資を行うということです。いろいろな投資方法を試してみて、自分にあった投資方法を見つけることができれば、それに従った投資期間がおのずと決まってくることになるでしょう。

Continue Reading

投資する銘柄数について

あなたはどのぐらいの数の銘柄に投資していますか?投資銘柄の数については、多ければよいとは限りません。「30銘柄以上」に投資しているという人もいるようですが、これだけの銘柄に投資してしまうと管理をするのも大変です。それぞれの銘柄について、常にチェックを怠ることができませんので投資のために必要な時間が膨大になってしまいます。投資信託の運用責任者や年金の運用担当者のようなプロならばともかく、一般の投資家であれば投資のことでいっぱいいっぱいとなる可能性が高いです。
 「5銘柄から10銘柄ぐらい」に投資しているというのが一般的な個人投資家の例でしょうか。このぐらいであれば忙しいサラリーマンでも管理することがかのうで、分散投資のメリットを得ることもできますので入門者、初心者の投資家にはこのぐらいからはじめることをお勧めします。
 「1銘柄、せいぜい2銘柄」というのは上級の投資家でしょうか。投資銘柄を絞ってしまうことには集中投資による危険性も付きまといます。日本航空や東京電力の例を見ればわかるでしょう。しかし、銘柄を絞ったほうがよりその銘柄について知識を深めたり、その銘柄の動きのクセなどを見つけたりといったことが可能になり、納得のいく売買をすることがしやすいといえるでしょう。
 銘柄の集中については確かに危険を伴いますが、ある程度の経験を積んで株式投資に自信ができてきて、銘柄分析にかける時間も確保できる上級者であれば一度検討してみてほしいと思います。

Continue Reading